東京のファクタリング会社☆厳選6社

HOME > ファクタリング情報in東京 > 売掛金を早期に現金化できるファクタリング

売掛金を早期に現金化できるファクタリング

東京で事業を営んでいる方々は、スピードを重視している事も多いです。
資金繰りを考慮しますと、確かにスピードは大切です。
早めに予算を確保しておかないと、状況が少々厳しくなってしまう事もありますから、注意が必要です。
例えば8月の時点で、取引先に対して600万円を支払う予定になっているとします。
そして6月時点での自社予算は、750万円です。
さらに900万円の売掛金も抱えていますが、支払い予定日は12月です。
この場合は、8月時点で取引先に600万円を支払うことは可能ではあります。
しかし予算が750万円ですから、600万円を支払えば残金150万円になってしまいます。
全予算が150万円程度では、12月までの会社経営が少々厳しくなる可能性もあります。
ですから8月までには予算を確保しておくのが望ましいです。


上記のような状況になった時の対処法は、色々あります。
例えば銀行に相談して、300万円だけ借りる選択肢も一応ありますが、若干のリスクがあります。
6月時点で300万円借りておけば、一旦は自社予算を1050万円にすることは可能です。
8月の時点で600万円支払っても、自社予算は450万円になりますから、若干の余裕が生まれます。
ただ問題点が1つあって、上述の900万円は確実に支払われる保証はありません。
取引先の都合により、支払い予定日が先延ばしになる可能性もあります。
12月までに900万円が支払われなければ、上述の銀行のローン返済も難しくなりかねません。
それを考慮すると、銀行からお金を借りるのもリスクがあります。
それよりは、むしろファクタリングの方が望ましいという声も多いです。
現に東京の事業者は、よくファクタリングを活用しています。


ファクタリングは売掛金を売却する金融商品ですが、上述の900万円のようなお金も売却する事が可能です。
その選択肢も色々あって、銀行もその商品を取り扱っていますし、ファクタリングの専門業者で申し込みする方法もあります。
ファクタリングは、手数料はかかります。
もしも手数料が10%であれば、90万円を専門業者に支払う事にはなります。
差し引き810万円になりますが、上述の6月時点で現金化しておくだけでも、随分楽になります。
合計予算は1560万円になるので、かなりの資金の余裕が生じるからです。
たとえ8月に600万円を支払っても、残金は960万円になります。
この資金の余裕が生まれるメリットは大きいので、東京で事業を営んでいる方々は、よくファクタリングを活用しています。